災害ボランティア活動情報

2024.01.12

災害ボランティアに参加希望の皆さまへ

 令和6年能登半島地震における被災地の各市町社協では、被害状況の把握や災害ボランティアセンターの運営準備を進めています。また現在設置されている災害ボランティアセンターでは、ボランティアの募集範囲を限る場合がありますので、被災地の災害ボランティアセンターが発信する情報をご確認のうえ、参加を検討ください。

 現在設置されている災害ボランティアセンターと募集状況は、以下の全国社会福祉協議会のページでご確認ください。

  ❖ 災害ボランティア活動をお考えの方はコチラもご覧ください。

【令和6年能登半島地震に係る災害義援金について】

 名張市社会福祉協議会では、被災された方々を支援するため義援金の募集を行っております。皆様のご協力をお願いいたします。

 ❖ 義援金箱の設置場所

 名張市役所、総合福祉センターふれあい2階 名張市社会福祉協議会窓口、イオン名張店3階 福祉まちづくりセンター

 その他

 この災害義援金は、被災地に設置される配分委員会を通じて全額が被災地へ配分されます。

【令和6年能登半島地震に係る支援金について】

 中央共同募金会では「令和6年能登半島地震」により被災された方々を支えるため、災害ボランティア団体やNPO等の活動を支援する支援金の募集をしております。詳しくは下記ホームページをご覧ください。

 ボラサポ・令和6年能登半島地震|赤い羽根共同募金(akaihane/or/jp)

【ボランティア活動保険について】

 被災地でボランティア活動をされる場合は、対応する保険に加入してから活動に向かってください。

 社会福祉協議会が取り扱う『ボランティア活動保険』は、名張市社会福祉協議会とサテライトの福祉まちづくりセンター(イオン名張店3階)で加入できます。

 名張市社会福祉協議会は総合福祉センターふれあい内にあります。

 ❖ ボランティ活動保険について

   ボランティア活動保険(fukushihoken.co.jp)

 注意事項

  • 被災地の災害ボランティアセンターが発信する情報を確認してください。
  • 現地への電話での問い合わせは、被災地の負担になりますのでお控えください。

【ボランティア活動保険受付場所】

  •  名張市社会福祉協議会2階窓口:8:30~17:15(月~金)
  •  福祉まちづくりセンター(イオン名張店3階):10:00~19:00(木曜休み)

  活動保険は500円のコースと550円のコースがあります。おつり銭の要らないようにご準備をお願いします。

❖ 情報が更新されれば随時お知らせします。