配食ボランティア活動

 配食ボランティア活動は地域のひとり暮らしやふたり暮らしの高齢者世帯、障害を持つ方などに食事をお届けする活動です。「食」は健康を維持するために大切な役割を果たしています。高齢者の場合、ちょっとした病気や、体調不良でも食事の用意が困難になりがちです。そうした家庭に定期的に手作りのお弁当を届け言葉をかわしながら食事を手渡すことにより利用者と地域住民のふれあいを深め、孤独感の緩和や又安否確認等にも大きな役割を果たしています。

現在、地域で活躍されている配食ボランティアグループはこちらで紹介しています。

関連ページ


配食ボランティア活動は、赤い羽根共同募金配分金による助成を受けています。