名張市身体障害者互助会

2018.07.16

名張市身体障害者互助会は、昭和26年4月1日(名賀郡名張町)に発足しました。

昭和55年母体として発足した「三重県身体障害者福祉連合会」に三重県の指導のもと、障害者団体として加入し、連合会指導のもと障害者及びその家族がお互いに連携し、障害の有無により分け隔てられることなく、お互いの人格を尊重しながら共生する社会の実現に向けた活動に参加してきました。この間に法律による制度改革などもあり、「公益社団法人三重県障害者団体連合会」の構成会員として活動を展開しています。

≪参加資格≫

本会の会員資格は、名張市に在住し、身体障害者手帳または療育手帳を所有するもので、この会の趣旨に賛同し、会費を納入したものとし、加入または脱会は自由です。

≪目的≫

本会は、会員及びその家族の福祉の増進を図るため、行政及び関係団体の協力を得て、身体障害者の更生援護及び涵養に努めるとともに、身体障害者が地域社会に参加して、共に生きるノーマライゼイションの理念のもとに、明るい暮らしが出来るよう市民の理解と保護育成を啓発普及することを目的としています。

≪活動≫

①障害者の自立と社会参加等の学習

②名張市内にて各教室の活動

➂春・秋の親睦会開催

④三重県身体障害者団体開催の教室・大会参加支援

⑤名張市障がい者スポーツ大会の参加

⑥三重県障がい者芸術祭の参加

⑦その他

参加者募集中です。詳しくはこちら

 

福祉団体共同事務局のページにもどる