過去の活動のようす


平成29年度活動のようす


 

平成29年9月26日 脳の健康教室サポーター研修会

 

福祉まちづくりセンターのボランティア活動スペースで、「脳の健康教室サポーター研修会」を開催しました。

先生のお話しを聞いたり、映像を見たり、実際に体験してみたりと3時間半という長い時間でしたが、みなさん熱心に聞き入っておられました。

「脳教室第1回目は10月12日(水)です。みなさん、頑張りましょう!」と笑顔で閉会しました。

▲目次へ戻る

 

平成29年9月24日 おもちゃばこ

 

 

福祉まちづくりセンターのボランティア活動スペースで、「おもちゃばこ」を開催しました。50名弱の方々に来所いただきました。ボランティアさんの飾りつけですっかりハロウィンの雰囲気の中で楽しく遊べました。飛行船さんの紙芝居や、英語のお話しを楽しんだ後、みんなで協力して大きなものを完成させました。次回は10月8日です。

 

▲目次へ戻る

 

平成29年9月11日 歌声広場たんぽぽ

福祉まちづくりセンターのボランティア活動スペースで、「歌声広場たんぽぽ」が開催されました。15名の参加で楽しい時間を過ごされました。聞き覚えのある曲や,鼻歌で歌いそうな曲などとても楽しそうでした。

▲目次へ戻る

 

平成29年8月28日 夏休み石けん教室

福祉まちづくりセンターのフリースペースで、
MPソープを使った可愛いせっけんづくりのイベントが開催されました。

溶かして固めるだけで簡単に好きな形のせっけんが作れると近頃人気のMPソープ。
参加者さんは材料をカットして、南極や北極の氷に見立てたパーツを作り、
思い思いの形に配置して、オリジナルの作品を完成させました。

おうちで飾って楽しんだ後は、ちゃんとせっけんとしても使用できるそうです。

▲目次へ戻る

 

平成29年8月27日 スライムづくり

福祉まちづくりセンターのフリースペースで、
スライムづくりのイベントが開催されました。

プラスチックのコップの中で、スライムの材料をまぜまぜ……。
お子さんだけでなく親御さんも、童心に返って一緒に楽しんでいました。

▲目次へ戻る

 

平成29年8月7日~ エコキャップアート

福祉まちづくりセンターのフリースペースで7日から、エコキャップアートの制作を行っています。

皆さんからご提供いただいたペットボトルのキャップを使い、
赤い羽根共同募金のシンボルキャラクター「愛ちゃんと希望くん」の絵を作ります。

両面テープを貼って、下絵と同じ色のキャップをペタリ。
みなさん楽しそうに参加してくださっています♪

 

完成したアートパネルは、今年度の共同募金期間中に福祉まちづくりセンターで展示いたします。

(2017.08.19)

▲目次へ戻る

 

平成29年7月2日 ゆみ琴・大正琴・ハーモニカ合同演奏会

福祉まちづくりセンターのボランティア活動スペースで、
ゆみ琴・大正琴・ハーモニカの合同演奏会が開催されました。

皆さん日頃の活動の成果を発揮し、素敵な音色を響かせていました。
歌謡曲から童謡、最近の歌まで、お客さんと一緒に楽しく歌える曲をたくさん披露し、和やかな演奏会となりました。

(2017.07.02)

▲目次へ戻る

平成29年6月26日親子でリトミック

福祉まちづくりセンターのボランティア活動スペースで、毎月恒例の「親子でリトミック」が開催されました。
今回は六月ということで、カエルやかたつむりなど季節に合わせた曲を使っての音遊びが行われました。
子ども達は先生のピアノに合わせて、お母さんのおひざの上で弾んだり、ぐるぐる歩いたり、親子でのびのびと体を動かしていました。

次回のリトミックは7月31日(月)開催。
参加申込みは7月1日(土)から受付スタートです。

(2017.06.26)

▲目次へ戻る

平成29年5月14日おもちゃばこ

福祉まちづくりセンターのボランティア活動スペースにて、
社会福祉協議会主催「おもちゃばこ」が開催されました。
おもちゃばこは、カーペット敷きの広々としたお部屋にいろんなおもちゃを並べ、
訪れた親子さんがのびのび遊べるようにしたイベントです。

この日はボランティアさんが手づくりしたカラフルなこいのぼりが登場!
子どもさんたちはこいのぼりの中をトンネルみたいにくぐり抜けたり、
ビニールのカシャカシャという音や感触を楽しんだりと、
思い思いに楽しんでいる様子でした。

▲目次へ戻る

平成29年5月5日サンドアートづくり

完成したサンドアート

福祉まちづくりセンターのフリースペースにて、
社会福祉協議会主催で「サンドアートづくり」のイベントが開催されました。
今回は、ガラスの器にカラフルな砂を入れて、色の層で模様を作って楽しむ
「グラスサンドアート」をおこないました。
砂の色を変えたり、つまようじで砂をつついて形を変えたりして、
みなさんそれぞれ、模様の変化を楽しみながら作品を作りあげました。
子どもの日だったからか、親子づれの参加も多く、
小さなお子さんも一生懸命に取り組んでいました。

(2017.05.05)

▲目次へ戻る

 

 

 

 


平成28年度活動のようす

平成28年7月20日 プリザーブドフラワーの仏花

7月20日(水) プリザーブドフラワーの仏花

この日は小規模多機能型ホーム「スマイル」さんと「さくら喫茶」の合同で、プリザーブドフラワーの仏花を作りました。プリザーブドフラワーで作る仏花は、生花を加工するので造花のような不自然さがなく、水替えの必要がなく長持ちするので、近年人気が高まっているそうです。
参加者の皆さんはわいわいと会話を楽しみながら、ボランティアさんの指導を受けて素敵な仏花を作成していました。

▲目次へ戻る

 

平成28年7月10日 スワロフスキーのストラップづくり

7月10日(日) スワロフスキーのストラップづくり

イオン名張店手芸用品売場と福祉まちづくりセンターのコラボイベントとして、スワロフスキーのストラップの作り方講座が開催されました。手芸用品売場の店員さんに教えてもらいながら、 キラキラのオリジナルストラップを作りました。
「とってもきれい!簡単にできるので、お家でも作れそう!」「お友達にもプレゼントしたい!」と、参加者のみなさんにも喜んでいただきました。

▲目次へ戻る

 

平成28年5月28日 チャリティーバザー

5月28日(土) チャリティーバザー

 この日はボランティアグループ「凸と凹の会」さんによるチャリティーバザーが開催されました。

 素敵なハンドメイドのアクセサリーや、リサイクル品が出品された他、マッサージ、カラーセラピーなどを受けられるブースも出され、たいへん賑わいました。
 バザーの売り上げの一部は熊本地震の義援金として寄付されました。

▲目次へ戻る

 

平成28年5月14日 マンドリン・コンサート

5月14日(土) マンドリン・コンサート

この日はボランティアグループ「パシオン」さんによるマンドリン・コンサートが開催されました。
第一マンドリン・第二マンドリン・マンドラ・クラシックギターによる四部編成の演奏で、『アニーローリー』などの定番曲から、『ハナミズキ』や『花は咲く』などの馴染み深い曲まで、見事な演奏を披露してくださいました。
観に来た方々も、一緒に歌ったり手拍子したりしてコンサートを楽しんでいました。

▲目次へ戻る

平成28年4月29日 春のお祭り in 福まち

4月29日(金・祝) 
春のお祭り in 福まち

 福祉まちづくりセンターで4月29日、イオン名張店、名張地区まちづくり推進協議会、そして各ボランティア団体さんと協力した、コラボイベントを開催しました。

 午前中はフリースペースとボランティア活動スペースを使い、手芸の体験教室が2種類開催されました。ひとつはイオン名張店の手芸店が先生となっての「レジンでブローチづくり体験」。もうひとつは、個人ボランティアさんによる型抜きアート体験です。

午後からは、イオン名張店による「黄色いレシートキャンペーン」の贈呈式。このキャンペーンは、お客さんがレジで受け取った黄色いレシートを、ボランティア団体の名前が書かれた所定の箱に投函すると、その買い物金額の1パーセントがそのボランティア団体に還元されるというものです。
贈呈式では各団体の代表者が呼ばれ、活動報告を行い、イオン名張店からの贈呈が行われました。

ボランティアグループ「ドレミの会」によるショータイム。歌あり踊りありマジックありの賑やかなショーで、会場は大盛り上がり!とても楽しい時間になりました。

続いてボランティアグループ「プチ・バ〜バ」さんによるコーラスのコンサート。お客さんも一緒に口ずさめるような懐かしい曲の数々を、軽妙なトークも交えながら、ピアノの伴奏にのせて披露してくださいました。最後にはアンコールもかかり、とても和やかなコンサートとなりました。

また、会場では熊本地震義援金の募金箱も設置させていただきました。名張まち協のゆるキャラ「ひやわん」も募金の呼びかけをしてくれました。
募金箱はイベント終了後も継続して福祉まちづくりセンター窓口に設置しておりますので、よろしくお願い致します。

被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

▲目次へ戻る

平成28年4月22日 ミニかぶとづくり

4月22日(金) ミニかぶとづくり

この日は個人ボランティアの三木さんによる、ミニかぶとづくりが開催されました。古い帯をリサイクルして、素敵なかぶと飾りを作ることができ、常連さんもいる人気講座となっています。

この日はケーブルテレビの取材が入り、三木さんと参加者の皆さんがかぶと作りの楽しさを生き生きと話していらっしゃいました。
次回のミニかぶとづくりは5月6日(金)12:00から開催予定です。

▲目次へ戻る

 

平成28年4月10日 福祉まちづくりセンター2周年記念祭

4月10日(日) 
福祉まちづくりセンター2周年記念祭

地域の皆様のご理解とご協力に支えられて、福祉まちづくりセンターは2周年を迎えることができました。皆様への感謝の気持ちを込めまして、4月10日、2周年記念祭を開催いたしました。

昨年の1周年記念祭で好評だった、千本杵のお餅つき。今年もたくさんの子ども達が協力してくれました。お餅つきには、世代間交流事業実行委員会の皆さんと、配食ボランティア「ぷちとまと」の皆さんがご協力くださいました。

福祉のおみせのみなさんも大集合!
6施設が一堂に会し、手作りのパンやお菓子、野菜、キノコなどを販売しました。

ぼらんてぃあぐるーぷ「ティンカーベル」さんによる人形劇。手作りの舞台セットと人形で「赤ずきん」を熱演してくださいました。

続いて「ティンカーベル」さんによるミュージックベルの演奏会。『さんぽ』や『アンパンマンマーチ』など、おなじみの曲を演奏してくださいました。
アンコールは朝のドラマの主題歌で有名になった『365日の紙飛行機』。子どもから大人まで、幅広い世代の方がベルの音色に合わせて歌ってくださいました。

子育てサロンさんや市内のイベントで活動している個人ボランティア「マユピエロ」さん。親子でバルーンアートを披露してくださいました。

子ども達に犬や剣の作り方を教えた後、集まった親子さんの前で風船でアンパンマンを作るパフォーマンスを見せてくださいました。

紙芝居ボランティア「ひこう船」さんによる紙芝居。『一寸法師』『大きなかぶ』『かちかち山』の三作品を披露してくださいました。

『大きなかぶ』では、おじいさんたちがかぶを引っ張る場面で、子どもたちも一緒に「うんとこしょ!どっこいしょ!」と元気に掛け声をかけて応援してくれました。


 おかげさまで、大盛況のうちに2周年記念祭を終えることができました。ご来場いただいた皆様、ご協力いただいたボランティアの皆さん、ありがとうございました。これからも、名張のボランティアや地域づくりの拠点として、皆様の活動をサポートしていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いいたします。

▲目次へ戻る