共同募金啓発の取り組み

 名張市共同募金委員会では、共同募金を啓発するため、様々な取り組みを行っています。

平成29年度 「福祉のまちづくり!赤い羽根共同募金エコキャップアート」の取り組み及び共同募金オリジナルコースターでの啓発活動

(1)学校・放課後児童クラブでのエコキャップアートの製作

 福祉協力校23校及び放課後児童クラブへ案内し、結果、放課後児童クラブ3校と小学校1校、市内絵画教室1、市内ふれあいいきいきサロン(高齢者)が製作をしてくださいました。

 

(2)福祉まちづくりセンターでの夏休み期間中のエコキャップアートの作成

 8月7日(月)からの夏休み期間中で実施。来場者にキャップ持参と作成を呼びかけ、期間中に、縦183㎝×横330㎝のサイズを2パターン製作しました。

 

(3)エコキャップアート作品の掲示

 提出いただいた作品は、11月25日(土)開催のふれあいフェスティバル(於:総合福祉センターふれあい)で展示しました。その後、総合福祉センターふれあいロビー壁面へ12月27日まで展示しました。

 福祉まちづくりセンターでの製作作品については、1つは福祉まちづくりセンターにて12月27日まで展示。もう1つについては、年明けの1月4日から総合福祉センターふれあいにて展示しました。

 

(4)オリジナルコースターの作成

 愛ちゃんと希望くんのオリジナルコースターを8,000枚作成。名張市での募金の使われ方を書いたカード、赤い羽根とともに袋づめし、街頭募金やイベント時に寄附者への感謝の気持ちとして配布しました。また市内募金箱設置店舗に募金箱とともに設置させていただきました。袋詰め作業については、共同募金受配団体に協力してもらい実施しました。

(5)出前授業のようす

 

 

平成28年度 「愛ちゃんと希望くんラムネ」を通した啓発活動

「愛ちゃんと希望くんラムネ」と“募金の使われ方”が描かれたカードを作成し、赤い羽根と一緒に8000個を街頭募金やイベント時等に寄附して頂いた方々に配布しました。カードは名張市での募金の使われ方を16種類作成して、ラムネと一緒に配布しました。なお、この二つの袋詰め作業は、共同募金受配団体と就労準備支援事業利用者に協力していただきました。

(ラムネの配布対象・時期)

*街頭募金

  • 10月~11月に市内スーパー11店舗にて40回実施。
  • 江戸川乱歩の誕生日に合わせ、名張駅前の乱歩像前にて市内高校生と一緒に実施。

 

*イベント

  •  隠街道市(10月9日)
  • 近畿大学工業高等専門学校祭(10月22~23日)
  • 百合が丘市民センター祭り(11月5日)
  • とれたて!なばり(11月12日)
  • 福祉大会(11月23日)
  • 名張育成園ウインターイルミネーション(11月19日)
  • ふれあいフェスティバル(11月26日)

*その他

法人募金及び職域募金協力施設・企業、民生委員児童委員協議会連合会総での募金啓発社会福祉協議会窓口設置の募金箱への寄付者の 方々へ配布しました。