台風21号災害について

台風21号災害状況

被害件数が依然増加・各地で支援が進められる

 台風第21号により、全国各地で河川の氾濫による浸水や土砂災害、強風による住家の損壊被害が生じました。

 全国41都道府県で、死者8名、重傷者28名の人的被害が生じています。また住家被害は全壊・半壊・一部損壊の合計389棟、床上浸水1,993棟、床下浸水2,740棟が確認されています(26日16時現在・総務省消防庁調べ)。

 各県の被害状況等については、総務省消防庁ホームページで確認ください。

  ◆総務省消防庁ホームページ

   http://www.fdma.go.jp/

  ◆内閣府防災担当ホームページ

   http://www.bousai.go.jp/

 

 

 

 なお三重県内での情報は下記のとおりです。

三重県 (伊勢市・紀宝町で災害VC開設)

伊勢市(三重県内の方々を対象にボランティア募集)

・伊勢市では、床上浸水473棟、床下浸水306棟の被害が生じています(24日17時現在・三重県発表/以下同じ)。

・伊勢市社協では、24日(火)に、伊勢市災害ボランティアセンターを災害時体制に移行し、26日(木)からボランティアの募集を行います。

・26日(木)は、68名のボランティアが活動に参加しました。27日(金)は、社協職員を含めて、90名ほどで活動予定です。

募集の対象は三重県内在住の方としています。詳細は、伊勢市社協のホームページ、Facebookをご覧ください。

・なお、28日(土)、29日(日)は、悪天候が予想されていることから、災害ボランティアセンターを休止する予定です。詳しくは、ホームページをご覧ください。

 ◆伊勢市社協ホームページ

  http://ise-shakyo.jp/

 ◆伊勢市ボランティアセンターFacebook

  https://www.facebook.com/isevc/

紀宝町 (町内のボランティアにより支援)

・紀宝町では、床上浸水59棟、床下浸水63棟の被害が生じています。

・紀宝町社協は、24日(火)に、「紀宝町災害ボランティアセンター」を開設し、26日(木)は15名のボランティアが活動に参加しました。

・引き続き、町内の登録ボランティアなどで活動を予定しています。

玉城町 (社協ボランティアセンターにより支援)

・玉城町では、床上浸水75棟、床下浸水116棟の被害が生じています。

・玉城町社協では、現時点では通常の社協ボランティアセンターで支援を行っています。

・26日(木)は、登録ボランティアや民生児童委員を中心に45名のボランティアが活動に参加しました。

・また、隣接する明和町社協の職員4名が玉城町社協に入り、被害状況の把握などを行いました。27日(金)も継続して支援を行う予定です。

紀北町 (社協ボランティアセンターにより支援)

・紀北町では、床上浸水53棟、床下浸水115棟の被害が生じています。

・紀北町社協では、現時点では通常の社協ボランティアセンターで支援を行っています。

松阪市 (社協ボランティアセンターにより支援)

・松阪市では、床上浸水19棟、床下浸水52棟の被害が生じています。

・松阪市社協では、現時点では通常の社協ボランティアセンターで支援を行っています。

・26日(木)は、9名のボランティアが活動に参加しました。

三重県域の動き

・三重県社協では、26日(木)に職員1名を伊勢市に派遣し、状況確認・支援調整を行っています。27日(金)、30日(月)も職員を1名派遣し、状況確認などを行う予定です。

・みえ災害ボランティア支援センターでは、伊勢市災害ボランティアセンターと玉城町社協ボランティアセンターを中心に、情報収集につとめています。

・詳細については、下記「みえ災害ボランティア支援センター」のホームページ、Facebookもご覧ください。

 ◆みえ災害ボランティア支援センターホームページ

   http://mvsc.jp/

◆みえ災害ボランティア支援センターFacebook

    https://www.facebook.com/mvsc0311/

 

 

ボランティア参加される方へ

・名張市内の方でボランティア活動保険に加入されてない方は、名張市社会福祉協議会で事前にお申込みください。